<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

天満宮にて

日曜日でしたが、午前中出勤し、子供とたわむれました・
午後遅めに帰ってきて、近所のユニクロへ、Tシャツ二枚。
ちょっと湿気か゜とれてきたので、里周り。

写真は近所の天神さんの境内に立てられた筆のモニュメント。
芸道の守護だから筆なんでしょうね。なかなかおもしろい。

でも付近に石鳥居の笠木の破片なんかが残してあったりするので
もしかすると地震か何かで壊れた柱を再利用したのかもしれません。
根固めのあたりと微妙な角度なんかを見ると、
書きながらそんな気がしてきました。
あんまり暑いので一休みさせていただきました。

生島遼一『鴨涯日日』読了。碩学のエッセイ。
続いて行きましょう。

f0373024_17243541.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-30 17:25 | Comments(0)

不快指数

なかなか湿気が去りません。
ホントに梅雨は明けたのかしらん。
5時前に目覚めて、朝ご飯をささっと食べて
自転車にまたがり里周り。

まるでお湯を張った風呂場でこいでいるような高湿度です。
いやはや不快指数は100パーセント。
1時間半ばかりで帰宅。すぐさまシャワーを浴びて
午前中は庭掃除。今年は花の廻り年でしょうか
わんさかと咲いた百日紅の花殻を剪定します。
まだまだ花枝が伸びてきています。

昼食後、中山道を北に向かって走りました。
もう夏休みですが、子供の姿がみえませんね。
帰路は風に押されるようにしてすーっと帰宅。
走ってばかりの土曜日でした。

*京都駅のトラス。一部に2代目京都駅の部材がのこっているらしい。
f0373024_17571944.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-29 17:42 | Comments(0)

買いだめ

都合により、8月から仕事を休むことになりました。
たぶんそのまま亡霊してしまうことでしょう。
そんなわけで、時間があることになったので、読む本を買い込みました。
生島遼一『芍薬の歌』
生島遼一『水中花』
生島遼一『鴨涯日日』
生島遼一『鴨涯雑記』
生島遼一『蜃気楼』
富士正晴『帝国軍隊に於ける学習・序』
富士正晴『贋・久坂葉子伝』
松尾尊兊『中野重治訪問記』
このうち生島遼一『芍薬の歌』は著者から多田道太郎への献呈の辞が見返しに記されていました。
さて、どこから読もうかな。

*炎天下稲穂が出てきました。
f0373024_19305895.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-28 21:27 | Comments(0)

『切腹考』をよむ

少し前に新聞の書評欄に載っていた伊藤比呂美の『切腹考』文藝春秋社刊。
気になってすぐ買ってありましたが、しばらく寝かせておきました。
今朝から読み始めて、今夜中には読了見込みです。

たしかにおもしろい本ですね。
鴎外選集に親しんでいる私にとってはね。
なかなかこういう剛胆な感じで読んでいく人ハいないと思う。
「近世の死」と「普請中の近代」を一身に受け止めたのが鴎外の文学だと思うのですが
いやぁおもしろかった。とくに中盤あたりまで。

切腹試技とでもいうのでしょうか、そのあたりグロな感じがなんともという批評もあるようですが
たとえばヴォヴァリー夫人の最後のところヒ素をあおって苦しみながら死んでいくエマの描写
なかもなかなかグロですが、あれがあるから読んでしまうという所もあるわけで。
自死、とくに切腹とか服毒というのは惹かれるところがある。

さまざまな生と死をだーっとつないで、さらしていく筆力はすばらしいけど
後半の伴侶の介護やその死、熊本地震のところはある意味タイムリーなのですが
ちょっと息が続かなくなって(当方の読みの問題だとは思いますが)
やはり鴎外とのからみのところだけでよかったかなという気もしますね。
f0373024_20110184.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-26 20:11 | Comments(0)

静かにしている

昨夜、夜半から蕁麻疹に悩まされ、仕事を休みました。
幸い曇天で気温も上がらず、部屋で静養。
水分をとり、ソファで読書。
さくっと梅雨明けとなってくれませんね。
窓の外でクマバチの羽音がうなっています。

書棚から山田稔さんの『天野さんの傘』を取り出し
そこで追想されている人の著作をアマゾンで注文します。
いずれも単行本なので、いよいよ置き場に困りますが・・・。
午後、かかりつけ医にて受診の予定です。

 この奥に 翁の碑あり 夏木立

*写真の整理をしていたら出てきたかつての愛車シトロエンのエグザンティアブレーク。
 遠くに見えるのは加賀白山。この個体が一番よかった。暮らしも落ち着いていましたから。
f0373024_11452855.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-25 11:46 | Comments(0)

缶詰カレー

このところ寝入りばなにいらだつことが多い。
眠りも浅く、日中うとうとする。
ねばりつくような湿気のせいだと思いますね。
今朝もすっきりしない空模様でしたが、1時間半くらい近所を走りました。

*石山寺にて、まだ大門はあいていません。
f0373024_15470618.jpg























その後簡単にお昼を済ませ、退屈している老母をクルマに乗せて1時間ばかりドライブ。
くるっと回って琵琶湖を見て、平和堂で飲み物を買って・・・。という感じです。

帰宅後、カレーが無性に食べたくなって、
買い置きのいなばのタイグリーンカレーを写真のようにしていただきました。
トーストにかけて、軽くチン。できあがり。ああ、そのあとヨーグルトを添えました。
5種類あるそうですが、私的にはこのタイチキンとグリーンカレーがおすすめですな。

*さわやかな辛さというのが、梅雨空にはぴったりです。
f0373024_15082970.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-23 15:11 | Comments(0)

暑おすなぁ

日中は引きこもり、三時前から自転車にまたがり里周り
いやぁ、ほんまに暑おすなぁ。
しかし、夏のサイクリングこそ王道という気もします。

夕刻に雷。「音かみなりの雨降らず」(老母曰く)

*近所のお寺、いつも絵入りです。
f0373024_16373697.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-15 22:00 | Comments(0)

日帰り湯治

頭がくらくらするので、近所の温泉にでかけました。
体調が悪いので、湯治ということです。
いわゆる日帰り温泉とはちがう趣向。
露天もあり山の斜面を裸で上り下りするのは開放感(笑)があります。
平日なので、一時間ぐらい私一人だけで愉しんでおりました。

ここは塩辛い温泉、塩ゆでですな。
ぬるぬるのいわゆる美人の湯系統だったらもっと流行ったでしょう。
日帰り温泉ブームも去った感がありますが
静かな山間に渡る蝉の聲に、ただぼんやり聞き惚れていました。


*イギリスのAsquith(アスキス)社のボンネットバス。
 クラシックカーではなく、レプリカのようです。全国にもう二十台ぐらいしかないようです。これもナンバーは付いていますが車検切れのようでした。
f0373024_20100821.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-10 20:12 | Comments(0)

七夕後一日

午前中写真撮影。午後自宅で作業。
夕刻老母を乗せてドライブ。ハイビスカスの鉢植えを買いました。
ちょうどゲリラ雨を避けて走っていたらしく、帰宅したら家の周りは水たまり。
開高健の『私の釣魚大全』面白くて2度読みました。
外に出るとすぐお金を使うので、じっとしていなくちゃ。
宝くじ外れる。


[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-08 17:37 | Comments(0)

フレンチブレス

いつもの喫茶店で、今日はフレンチプレスでコーヒーを淹れてもらいました。
ドリップのように濾すのではないので、ちっと粉っぽいかな。
好き好きですね。

*東海道線の古い煉瓦橋。明治の遺産。三連はすごい。
f0373024_17350154.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-07-01 17:37 | Comments(0)