近ごろの読書

慌ただしい毎日ですが、そんな時の方がかえって本をよく読むみたいですね。
このところは木山捷平を文芸文庫や昔の旺文社文庫で読み込んでいます。今日は帰りの電車のなかで、『大陸の細道』を読了しました。
ここ10年あまり、明治から始まって時代を下り、なんとか戦後文学まで歩いてきました。

以前は専門書ばかり読んでいましたが、もう欲も得もなくなったので、文学にどんどんのめりこんできました。
木山の名は岩阪恵子の『木山さん、捷平さん』が出た時に初めて知ったでしょうか、それが96年だからもう20年近く前ですね。ようやく本人の作品に接したわけ。

昨日寺町の三月書房でノアの本を買ったら、オマケにノアのPR誌「海鳴り」をいただきました。毎年一冊、よく続いています。紐解いてみると今回は充実してましたね。うれしかったですね。家人は若い時バイキングや大阪文学学校に関心を寄せていたので、ノアの本の作家の名はよく知っているようですが、そのあとは全く離れてしまって逆に私が接近してしまいました。

備前出身の作家としては内田百間以来二人目です。

[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-23 20:14 | Comments(0)

古都は新緑に向かう

10数年ぶりに仕事の環境が変わって、慌ただしい日が続いている。慣れてしまうのか、嫌になってしまうか、五分五分というところ。
ともかく好天に恵まれた今日は自転車、自転車。
朝からタイカレーにヨーグルトを入れて完食!。入洛するときはしっかり食べておくことが大事です。

漕いでいるとさほどでもないのですが、止まるとちょっと肌寒い。風もそこそこむ吹いている。しかも向かい風。走るにはベストではなかったけれど、新緑にシフトした都大路を走っていると、頭のしこりがほぐれていくような気がします。

いつものとおり、下鴨の喫茶店でモーニング。それから鴨川に沿って上がり、上賀茂の神馬堂でやきもちを購入。今朝は一個別にいただきました。自転車で走っているとじっさいよく食べますね。消耗するまえに食べる。を実行しないとひだる神にとりつかれちゃいますからね。

そこから堀川のほうへ斜めに下り、西陣の町をあみだに走って北野天満宮。久しぶりに観音寺にお参りしました。紙屋川を渡って紅梅町。このあたりかなりマンションが建ちました。大きなお屋敷が維持できなくなってマンションになる。このへんもそんな動きになっています。

白梅町から今出川を東にとって同志社へ。そこから御所の細道を通って丸太町にでます。御所の中を通るのはよいのですが、自転車が埃だらけになりました。ちょっと下って、夷川を東に、寺町にでて本屋さんやギャラリーを冷やかし。いやいや、冷やかすだけでなくちょっと買い物も・・・。

下御霊神社の水をいただいて、さあお昼ということですが、店に入るほどでもないので、丸太町橋たもとのフレスコ(建物は名建築)に入る。購入したのは、カツサンドの「はぎれ」100円と一番小さい缶ビール100円。これはお買い得でした。賀茂川にでてしだれ桜の下でのんびりとお昼としました。

そのあとさらに徘徊して。一般公開している島津創業記念資料館を訪問。高瀬川一之舟入のすぐそばです。企業博物館としてなかなか見ごたえがありました。ノーベル賞受賞者のいる企業ですからね・・・・。スタッフの男性はやはり島津マンでしょうね。やってきた子供に説明しているのですが、かなりテクニカルな説明で・・(笑)。でも、一生懸命説明している感じが、企業イメージにマッチして好感が持てました。
今日は左膝に違和感がではじめたので、無理をせすゆっくりと帰宅。例によって逢坂山を越えると、いやはや寒いですね湖国は。

✳︎半木の道あたりで クリックすると大きくなります。
f0373024_22482501.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-22 17:57 | Comments(0)

桜も見納め

昨夜は歓送迎会がなつかしい料理屋さんであり、賑やかなひと時を過ごしました。
帰りは電車の接続が悪いのは覚悟していましたが、幸い暖かく、ホームで文庫本を読むのも苦痛ではなかったです。

今朝はちょっと不安定ながらも、晴れ間が出たのを見計らって、老母を車に乗せて近所の桜見物としました。先週とほぼ同じところを回りました。いずれも満開から散り初めというところでしたが。堪能しました。今日が見納めという感じですねえ。昨日は夏日でしたから。

まさに咲くだけ咲ききったという風情で、美しいというよりも、なぜか物悲しい。まあ、「満ちれば欠ける」の喩えを思い起こさせます。山間の村で、静かなのでなおさらです。そして、空気の気配はもう新緑のほうに動いている感じです。早いなあ・・・。
昼前に帰ったら、さーっと通り雨。2時頃には晴れそうなので、ちょっと走ろうかという感じです。

✳︎草津川の上流にて クリックすると大きくなります。
f0373024_11324652.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-15 11:36 | Comments(0)

春宵一刻値千金

仕事場を遅く出たら、川端にぼんぼりが揺らめき、満開の夜桜を照らしていました。
見物の人影もなく、提灯が風に揺れているだけ。
なにやら化かされているような気分。
新美南吉の描く知多半島の夜もこんな感じでしょうか。何度か訪れた半田の田舎。なつかしいなあ。
振り返ると東の空に満月が昇り始めていました。

f0373024_22283351.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-12 22:28 | Comments(0)

桜を求めて

今日は昼過ぎまで仕事、まだ腰は本調子ではないのですが午前中は仕事に出ました。腰掛けた椅子からエイっと立ち上がるのがむつかしい。あっちこっちつかまりながらゆるゆる体を起こします。でも午後は久しぶりに大津あたりまでさくらを見に自転車に跨りました。うーむ。ぎっくりしたはずなのに自転車を走らすのは全く痛くない。不思議なものです。腰痛には自転車がいいとどこかで見た気がしますが、二時間ほどゆっくりと走りました。

長等山、疎水、三井寺界隈は結構な人出、車も大渋滞。大津の旧町はひっそり閑としているのですがね・・・。名所もいいですが、ちょっとした公園の桜もよいものです。写真は膳所の西武百貨店の前の公園。いつもは静かですが、さすがに多くの人が集まってきていて、こどもたちの歓声が久しぶりの青空に響いていました。芭蕉ゆかりの義仲寺にほど近いこの公園。見ると、芭蕉の句碑も建っています。ただその時代は、このあたりはちょうど琵琶湖の浜辺だったはず。いまや浜辺はここからさらに三百メートルほど先になってます。ま、そんなことはどうでもいいのですが。

近頃の読書は木山捷平です。文芸文庫で読み進めていますが、どれもなんともいえない情緒があり、長く賞玩したくなる作品が多いですね。とくに紀行物といったらよいでしょうか、旅物というべきか、そのジャンルの作品がさらっとして、ウイットがあり、ほんのり色気もあって、実によい感じです。すでに故人(昭和43年歿)ですが根強いファンのいる作家なのが納得されます。
f0373024_18202583.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-09 18:20 | Comments(0)

しだれ桜瞥見

朝方老母と見に行った桐生のしだれ桜です。
ちょっと早かったですが、草津川の土手に一本すっと立っていて、気品がありますね。
f0373024_19203273.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-08 19:20 | Comments(0)

雨の灌仏会

新年度からなかなか落ち着かず、ようやくたどり着いた土曜日。いやはや慣れない仕事でほんとうに長い一週間でした。
一方、世間は桜がいよいよ見頃なのですが、あいにくの小雨模様。老母の相手で二時間あまり、車窓からの桜見物に出かけました。

実は出かけることは以前から決めていたのですが、朝ごはんの洗い物を始めた時に、腰に違和感が走りまして、つまりギックリ腰ですが、こりゃ危ないと一時は断念。思い直して残り物のカイロで温め、しばらく寝ていると幸いなことになんとか落ち着いてきたので、そのことは老母には内緒にして、出かけた次第。だましだまし車に乗り込み、あとは機嫌をとりながら桜のよさそうなところを選んで走りました。

青空のもとなら・・・とは思うものの、しかたがありません。瀬田川を下り、道中石山寺にさしかかると、門前で信徒の方が甘茶の接待をしています。あ、そうか今日は灌仏会ですね。子供の頃習字に行っていた寺の本堂の隅に、お練りをするための白象のハリボテがひっそりと置いてあって、なんとなく薄気味悪さを感じたことを思い出しますね。

この天気だとお練りのほうはどうでしょうか。あの甘茶もなんとなく妙な味で美味しいものではありませんが、そういう日の記憶というものは、のちのち生き延びていくのには必要なものだと思います。雨雲レーダーをみながら出られれば午後、ちょっと走ってみるつもりです。

ここ数日の読書ですが、小沢信男の『ぼくの東京全集』ちくま文庫 です。
文体は若い時から首尾一貫している感じですね。

✳︎午後、間隙をついて近くの堤防の桜を訪ねました
f0373024_15593392.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-08 13:03 | Comments(0)

桜は来週ですな

4月から仕事場の環境がガラッと変わる。世の中には仕事をするのがストレス解消になる人もいるようですが・・・。こちとら、そんなわけはないのでフツーに憂鬱ですね。

そんなわけで、8時に家を出て入洛。昨年だともう三分咲きくらいになっていた桜ですが、今年はようやくつぼみふくらむ程度でしょうか。入洛したら吐く息が白いという状態です。ここ数年の感じで京都観光に入った方、とくに外国からのお客さんは残念でしたね。おそらく見頃(五分から八分咲き)は来週の土日というところでしょうか。それでも陽の光、空気のにおいはさすがに4月です。

鴨川の土手道を北に上がって、先週は買えなかった神馬堂の焼き餅を今日は買い求め。母の実家のあった界隈を走りました。その後新大宮商店街を下り、後はいつものように、ランダムに洛中を走って早めに帰宅。午後は晴れ間も広がり、夕方自宅の窓から比良山をみると朝方みたのとは雪の量がグンと減っていました。

本の方は、このところ木山捷平です。なんども手にしている本ですが、飽きませんね。

✳︎大きなクスノキと朱の玉垣。そして明神川。子供のころからなじんだ景色です。
f0373024_16531848.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-04-01 16:53 | Comments(0)

桜はまだかいな

空模様が気になりましたが、雨雲レーダーをのぞくと
三時ごろまではなんとか持ちそうなので、思い切って入洛しました。
いつもどおり鴨川の土手道を漕ぎ上がります。
ジョギングを楽しむ人、パフォーマンスの大学生、エイサーの少女たち
みんなが思い思いに日曜の朝を楽しんでいます。
いいなあ、いいなあ。と言葉がついて出ます。
こういう風景が好きですね。
この自由さが田舎にはない町のよさでしょうか。

御園橋まで上がり上賀茂神社脇の神馬堂に行きましたが
思いのほかの行列。第四日曜日は同社の馬場で「手作り市」が立って
いつもこんな状態と店のおかみが謝っています。
まあ、仕方がないので、踵を返し、今度は賀茂川の西側をドンドン下ります。
寺町の果てから出町へ出て、いつものように阿闍梨餅を買って。丸太町へ、
自転車屋さんを冷やかし丸太町橋で小休憩。
お昼は、京大病院脇のカレー屋さん。
百万遍にあがり東に向かって、善行堂で古書二冊。
一冊は建築家宮脇檀の『旅は俗悪がいい』(文春文庫・1988)。
こういう旅モノがすきですね。でもこの人は早死にだなあ。

それから岡崎に下って京都を離れ、山科から逢坂山にかかるころ
ようやくぽつりぽつりとやってきました。
革サドルにコンビニ袋をかぶせたら、あとは一目散で帰宅。
夕方は千秋楽を楽しく観戦して、充実した一日をしまいました。
桜は来週ですね。

✳︎頼山陽の旧居、山紫水明処です
f0373024_19171865.jpg













✳︎しだれ柳が吹いてきました
f0373024_21243626.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-03-26 21:27 | Comments(0)

夕方走る

「彼岸過ぎまで」の言葉の通り、
余寒去りがたき・・・とはいいながら
着実に春めいてきたのを感じます。
人事異動の発表を明日に控え、今日は代休をもらって仕事の準備?という次第。
老母のストレスがたまっていそうなのも気になり午前中ドライブに連れ出します。
昼前から作業に入り、夕刻なんとか形になったので
今度は自転車にまたがり、半時間あまり里まわり。
契機が動いているのでしょうか。ちかごろ町の様子が様変わりしてきました。
70~80年代のものが消えていく感じでしょうか。
夕方走るのは体にはどうかと思いますが、
情緒的で私は好きですね。
さて、これからはパワポでの紙芝居づくりです。



[PR]
# by seta_shijimi | 2017-03-23 17:44 | Comments(0)

お彼岸ポタ

久々の三連休。あとの二日は勉強に当てると決めて
今日はのんびりすると自己決定。
午前中老母を乗せていつものようにドライブ。
ホームセンターで花の苗を買って、庭の手入れ。
お昼はささっとすまし汁を作って、赤飯を食べさせ、ようやく自由時間に。
おっと、その前に我が家の墓に詣でて、なき親父とひさびさの会話を交わしました。

日頃は走らない山道を通って、栗東から草津へ。
各地のお墓はお参りで賑わっている。
墓地のなかにある龕薦堂(がんせんどう)に古いのがあるのが気になり、
あっちこっちと探訪。意外な収穫がありました。
人のやらないことをやるのも趣味の醍醐味とはいえ
いささか抹香臭い道中でした。

✳︎我が家で咲いた椿。これは盆栽種のようで、小さいながらすでに古木です。
クリックすると大きくなります。
f0373024_17572252.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-03-18 17:58 | Comments(0)

老少夢幻

今日も仕事
帰り道職場の隅に置いておいた古い本をカバンに放り込む
若杉慧『老少夢幻』もう三十数年前の本。
作者は芥川賞候補にもなっている。
でもあとはマイナー路線。

装丁がいいなと思ったら、さすがに菊池信義。
図書館が放出したものをレスキューした覚えがある。
村の知識青年が、人の世を経験していくなかで垣間見る、
土俗や、女の世界。
なかなか生々しくておもしろい。

f0373024_20495868.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-03-12 21:12 | Comments(0)

なまめかしい

今日はかなりタイトなスケジュールで追い回されました。
でも法定点検を迎えたので、終業で速攻飛び出して
クルマをディーラーへもちこみました。
古い個体なので、今年から税金も上がりました。
仏車に都合16年乗ってきましたが
ぼちぼち潮時かなと思っています。
代車はキライなので最寄り駅まで歩き、メガネ屋さんに寄るため
いつもより一つ手前の駅で降りて、家まで歩きました。
あわせて二キロくらい歩いたでしょうか。

満月のちょっと手前かな。薄青くなった空に上がりました。
まだコートはいりますが、空気がちょっと春めいて
なまめかしくなってくました。

自転車を走らすにはいい時期になってきたんですがねー。


[PR]
# by seta_shijimi | 2017-03-10 22:11 | Comments(0)

やっと読了

ご無沙汰でございました。
あいかわらずの年度末進行で、
なかなか家でゆっくり更新する気力がでませんでした。
しばらく前から通勤時に読み進めていた『頼山陽とその時代』上中下三冊、
ようやく読了しました。

難航しましたが、なかなか読みがいがありました。
史伝というとそうでもないかもしれません、
あくまで作者の主観による山陽像ですが
山陽に変なバイアスを感じる時代ではありませんし、
まさに「その時代」の部分が江戸漢詩の世界を
つぎつぎと広げて見せられることで楽しく学べた気がしますね。

昨日からは、奥本大三郎『書斎のナチュラリスト』岩波新書。
さらっとしたエッセイです。
これは癖なのかフランス文学をやった人の本、作品が妙に多いですね。


[PR]
# by seta_shijimi | 2017-03-09 21:31 | Comments(0)

午後ポタ

昨日今日と半日づつ仕事に出ておりました。
今日は昼までだったので、午後からひとっ走りと思い、
高速で急いで帰宅。うどんをすすってから、湖畔を走りました。

天気はやや下り坂、おもったほど暖かくもなく、湖水も北風に波立つ様子でしたが
しゃちこ張っていた体はいくぶん解けた気がします。
ヒカンザクラでしょうか、ポツポツ咲き始めました。

膳所の古書店で岩波新書を大人買い。
 字江敏勝『森のめぐみ 熊野の四季を生きる』
 杉浦明平『農の情景ー菊とメロンの岬からー』
 藤森照信『日本の近代建築』上下
 奥本大三郎『書斎のナチュラリスト』
どれも百円均一でした。

✳︎膳所城跡にて、これはソメイヨシノ開花まであと一ヶ月を切ったでしょうか。
f0373024_17244233.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-02-26 17:30 | Comments(0)

根津大明神

所用のため東京に出かけました。
初日は午前中少ししぐれましたが
午後は回復。二日目は寒いながらも良い天気でした。
自由時間は限られましたが、今回の訪問地では根津神社が好印象でした。
関東らしく、漆塗りの社殿、将軍家ゆかりなので、豪華ななかにも気品があり
境内もすっきりして好感が持てました。
幕末のベアトの写真にみるような空間といえばいいでしょうか。

このあたり太古の東京湾の出入りが地形に残っていて、散歩するときのよいリズムになります。
東大の官舎でしょうか、古びた建物が並ぶ構内を歩いて、根津の街にでました。
次回はもうすこし時間をかけて歩いてみたいですね。
自転車ならもっとはかがいくのでしょうが、歩幅が小さくなったせいか
徒歩では行動範囲が限られてきました。
森まゆみさんが谷根千を始めた頃はバブル前後でしょうか
それでもいまよりもっと風情があったと思わせます。
まあ、街は表情を変えていくものでありますが。
紅梅が春の陽射しのもとでつぎつぎと開いていく東京でした。


[PR]
# by seta_shijimi | 2017-02-25 18:16 | Comments(0)

洛中の愉しみ

夜半に行くおこしのような突風が雨戸をたたきましたが
夜明け頃にはそれも収まりました。
朝ご飯の用意をして八時過ぎに自転車にまたがり、入洛しました。
昨日取替えたシートポストの高さを何度も変えながら行きましたので
蹴上の坂を下ったのは九時半頃になりました。
サドルの高さや位置ぎめは、なかなか難しいものですが
ぴたっと決まると、全然違いますね。
難しくも楽しいものです。

下鴨でコーヒーを楽しみ、上賀茂に上がりましたが
京都マラソンのためか、今日は神馬堂は御休み。
しかたなく、マラソンを避けて街中へ
北山、北大路、紫明、今出川と下ってきて行きます。
思わず昔歌った賛美歌がくちをついて出てきました。
そうそうと思い、五年ぶりに同志社教会の礼拝に参加しました。
栄光館の大きなホールにぱらっと信徒さん。
いずれも七十代とお見受けしました。
ここでも高齢化が進んでいますね。

今日の牧師の説教はなかなかお上手でした。
さすがに神学部の御膝元です。話の進め方も技巧がありました。
役員さんの招きの言葉もなかなかのものでした。
カルチャーではありませんが
これなら時々聞きにきてみようかと思わせます。

京都マラソンは、フルマラソンのほかにいろいろとイベントがあるので
ほとんど街中は麻痺状態になります。
そこで鴨川の土手を走って橋の下をくぐっていきます。
くるくる回って1時頃洛中を離れました。
今日の土産は阿闍梨餅です。

*現在読んでいる賴山陽の「山紫水明処」の入口です。

f0373024_15371757.jpg






















*浄土寺の白川の流れ。
f0373024_15365468.jpg























*同志社女子大の校舎、これは大正元年の建築とありました。
f0373024_15365797.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-02-19 15:42 | Comments(0)

城下町散歩

午前中、老母を乗せて湖畔のドライブ、帰途コンビニでコーヒーを買い
公園の駐車場でコーヒーブレイク。老人憩いのひとときです。
窓の向こうにブランコで子供を遊ばせる三十代とおぼしき人
あーこういう時代もみんなあったんだなあ。と、しみじみ。

老母はこのところ、妄想、幻想がときとして現れることがあります。
これは以前も今の時期だったので、
春先特有のものなのかも知れません。
家人での難しいので、息子の出番でなんとか対応しています。
しかし、老いるのはなかなか難しい。

午後は陽気に誘われて、今度は私が自転車に乗って散歩です。
膳所城下町をゆるゆる走ります。
帰宅後シートピラーをニットー製に交換。バッグアダプタも
うまく収まりました。このサドルバックはかなり入ります。
買物もOKです。

*お寺の長屋門、下見板のところにある黄色い板は?
 仁丹のホーロー町名板もめずらしいですね。
こういうサイトもあります。
http://zunzun.kyo2.jp/e22906.html
f0373024_18475034.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-02-18 18:54 | Comments(0)

読書の楽しみ

『頼山陽とその時代』中巻の半ばを過ぎました。
これは山陽の史伝のようですが、
江戸後期漢詩人のアンソロジーであり、交友録であり
それにとどまらない作者自身のスケールの大きな「作品」だと感じます。
面白いですね、まだまだ続きます。
旧冬、大作を読まんといろいろ探していましたが
結果としてこれに出会えました。ありがたいことです。



[PR]
# by seta_shijimi | 2017-02-14 20:34 | Comments(0)

闊葉樹

寒さは厳しいですが、日差しには次の季節の近づきを感じますね。
朝から、ご近所を走りました。
千キロを過ぎて、各所に緩みが出てきたので、「まし締め」しながら
走っています。
サドルバッグサポーター(キャラダイス)を付け替えました。
シートポストとの相性がいまいちなんですが、
しばらく走ると、体の方ががなれてしまいました(笑)。
オフセットの小さなポストをいずれ入手しましょう。

帰ってきてラジオをつけると、北朝鮮のミサイルとか。
老母が、「一声かけて欲しいんやな」と「解説」。
「一声」って・・・・・。

*紅梅が満開状態に
f0373024_15392838.jpg






















*お城のような石垣をもつ旧家。昔の地主様。
f0373024_13285152.jpg






















*日だまり、椿の葉の濃い緑と花の紅とのコントラストがいいですね。
f0373024_13301773.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2017-02-12 13:31 | Comments(0)