おおつもごり

首相が真珠湾に行って「和解」を呼びかけた翌日に
防衛大臣が靖国に行き、隣国では「少女像」なるものを
あちこちに置いて気勢をあげる。
いったいだれのためにやっているのか。解せませんねえ。
「紅旗征戎非吾事」が私の基本ですが、いよいよそんな気分です。
そんななか今年は天皇さんの言動だけが心に残る一年でした。

大晦日の好天に誘われて、金勝山の麓へ走った。
よい光線にあふれて、心洗われた。
夜、青山二郎の『眼の引越』を読み始める。

除夜の鐘がなり始める頃、隣のアパートで時ならぬ「夫婦」喧嘩。
ミニパトまでやってくる始末。
「私のお金を返して」と叫ぶ女性と、狼狽する男。
難儀な一年のしめくくり。

うーん。その鐘のピッチ早すぎる。

f0373024_12595566.jpg

[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-31 13:05 | Comments(0)

メモリ増強だあ

朝から大掃除。
つづいて老母の入浴を見守った後、
自転車に乗って近所のスーパーへ年末年始の買い出しに。
さぞや混んでいるかとおもいきや、普段の平日程度の入り。
みんなどこへ行っちゃったんだろうね。
ハレとケのメリハリがなくなった結果がこの風景なんだから、
まあ、しょうがない。

その後持ち帰り仕事(二日目)をやり始めるも、
最新の「一太郎」は重くて重くて・・・・・。
メモリ不足で作業が進まないので、一気にメモリ倍増を企てる。
数ヶ月前にソフマップ(中古)で買った今なにかと話題の「東芝」のダイナブック。
ウインドウズ8.1機で初期メモリの4ギカバイトじゃ、やっぱり仕事になりません。
これでようやく8ギガバイト。何とか再開にこぎ着け、
あとはカザルスのチェロを聞きながら日没間近にようやく終了。

これで明日は心置きなく、「走り納め」ができそうだ。

*旧都府立図書館。もともとの建物はたしか武田五一の設計だったかと。
 ブルーシートが無粋ですな。
f0373024_18222082.jpg


[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-30 18:20 | Comments(0)

入洛

冷え込んだ朝。
掃除と墓まいりを済ませて10時ごろから入洛。
寒いので、登山用のハイソックス(ニッカーホース)を
綿パンの上から履く。ちとクラシックスタイル。
逢坂山は気温3度、蹴上を越えると少し上がったが
北山は真っ白になっている。
岡崎から東大路に入ると。前方にクラシックなロードとランドナーの
初老のお二人に遭遇。相当な手練の方のみえるが
白の古いフレームに惹かれる。
早めの昼を京大近くでとって西へ西へ。

日が陰ると、一気に寒くなる。
ちょっと薄着できたので、たまらなくなって、毛糸の帽子を買ってかぶる。
頭はラジエターのようなものだな、帽子をかぶると体全体が温まる。
北野天神前の観音さまに詣でて、あとはいつものように気分に任せて古都の街並みを楽しみながら走る。
いわゆる美観地区のようなところではない、普通の暮らしがあるまち。

久しぶりに三条通に入る。イノダ三条店の盛況に目を見張る。ほとんど観光客だろうか。
ネットの普及のせいか、観光客の一極集中が進んで、地元の人は行きずらいだろう。
しばらく見ぬに、古い店舗をリノベーションして、ブランド店がいくつも入っている。
寺町を丸太町まで上がって岡崎から帰路につく。
土産は阿闍梨餅。

✳︎岡崎の図書館からのながめ
f0373024_16131805.jpg


[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-29 16:14 | Comments(0)

仕事納め

年内にかならず一度は・・・・・
降りましたね。
仕事納めを無事済ませて、ホッとした気分で帰宅。
夕食の席について小さなコッブにワインを少しついで飲み始めたら
老母がしきりに飲むのをたしなめる。
いつもの取り越し苦労と聞き流していたが、あまりに度がすぎるので
とうとう買ったばかりの一本を流しに飲ませてしまう。
自分の体の不如意や不安からのこととはわかっていても、
なまじ肉親だと、感情が先に立つ。
そういえばこんなやり取り、先日読んだ井伏鱒二の随筆にもあった。
鱒二も母親の小言は苦手だったらしい。
老いることのつらさ、むつかしさ。
自分の行く道も重ね合わせて、布団のなかで、「事件」を反芻する。

f0373024_16261923.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-29 06:47 | Comments(0)

軽いぎっくり腰

日曜日に座面の高い椅子に座り続けていたためか、どうやら腰を痛めたらしい。
軽度のぎっくり腰のような感じ。前のめりでひょこひょこ歩いてしまう。
車の椅子も合わないので、今夜はちょっと辛い。
やはり一年の疲れが溜まっていたようだ。
悪化させないように。
今夜は。お風呂で温まって早く寝ることに・・・・。


[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-27 20:00 | Comments(0)

文士の時代

 今日は終日仕事先の建物管理のボランティア。
早春のような日差しのもとで、内外の掃除、庭の草引きに精を出し、
ドアや窓の各部を点検し、鍵穴や動く部分には油を差した。
古い建物の世話は、めんどうだけれど、おもしろい。
新しいものは古くなるけれど、古いものは日々に新しい。

 さて、昨日に引き続いて青山二郎を読んだ。
それにしても民芸運動への手厳しい批判はどうだろう。
北大路魯山人評も辛辣だ。
正規の美術評論ではないけれど、ほら話でもなさそうなことはわかる。
自由な精神、人物の大きさというものなのだろう。
骨董では弟子筋になる白洲正子が解説をしているが最初からお手上げになっていて、
むしろ資料として載る今日出海が書く人物伝が秀逸。
カバーの惹句に「いじり、抱き。そして離れて再度見入って掴み取る」
その先天的な才能をうたっている。
まあ「驚異」というべき人である。

帰りの電車のなかで大岡昇平の「わが師 わが友」をよむ。
こんどは青山がけちょんけちょんで
思わず「これは面白い」と声に出た。


[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-25 18:24 | Comments(0)

「歳点簿」

予報より良い天気になった。
久しぶりにゆっくり起き出して、
自転車にまたがって湖畔を軽く走る。
ここ数日暖かかったが、湖北の山が白く見える。
さすがに年の瀬。波もおだやかだ。

仕事はあと3日というのが、なにかピンとこない。
そろそろ今年の「歳点簿」をつけてもいい時期かな。
年内に一度は京都へいくつもり。

帰り道古書おうみ堂によって文庫本二冊。
坂口安吾と青山二郎。なんとも妙なとりあわせ。
青山二郎といえば骨董だ。
今日の本も『鎌倉文士骨董綺譚』である。
さっそく昨日読んでいた大岡昇平がくそみそにされている。

世の中には骨董が「好きな人」と「必要な人」とがいるらしい。
私は骨董の世界には近いけれど全く関心がない。
書幅は時々買うけれど、資料として、
あるいは自宅の床に半年ほど吊っておくために求めるのだから
汚いし、値段も数千円。たかがしれている。
しかし、骨董に惚れるのは女性に惚れるのと一緒だということはわかる
なれそめ、熱情、倦怠、枯淡 PDCA?〈笑〉
いずれにしても「病膏肓に入る」だな。

青山二郎は数年前に一種のブームのようだったが
この人の潔い世界を理解するのは、なかなか難しい。
骨董をやるのは、屋敷に裏山でもあるようでないと勤まらないと思う。



[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-24 14:03 | Comments(0)

浪速にて

今日は難波であった勉強会に出席。
専門外の分野だから気が楽だが、
中高年ばかりが元気で若者が少ないのはどの世界も同じだ。

出席者には中国人が何名かおられ、
そのうちのお一人は文革後はじめて大学に入れた方
文革によって両親が「下放」され
そのあいだ生きていくために名前まで変えた経歴をお聞きする。

道頓堀での懇親会に少し顔を出して7時半に帰路につく。
大阪駅のステーションシティをのぞく。
クリスマス直前だが、そんな雰囲気は感じられない。
今日は昨日の続き。
今何時? そう昨日の今頃・・・・・。
これの繰り返し。

車内で大岡昇平の作品を読み、
晩年のその肖像のかっこよさに驚く。
明日はぐっと気温が下がるらしいが
久しぶりに自転車を走らせようと思う。
f0373024_21425174.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-23 21:43 | Comments(0)

日々を数える

10月下旬並みの暖かさだという。
そして予報通り夕方から雨が降り出した。

季節感が乏しくなったとはいえ、
伸び放題のままで正月を迎えるのもどうかと思い帰路散髪にいく。
2ヶ月ぶりで、頭が軽くなりました。

先日飼ってきた洋梨。洋梨は私の好物の一つなんだな。
色や匂い、堅さを思案して、今日から食べ始めた。
おいしいなあ、このねっとりとした香気がすてきだ。
まだ三つある。

明日は午後から勉強会で大阪の難波へ。
都会の空気を吸ってこよう。



[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-22 20:01 | Comments(0)

求む、大作・長編

もともと家で呑むということはしなかった。
まれに外で飲み会があっても騒ぐのは嫌いで、
中締めとともに失礼する。
このごろ一日はざみ位のペースでビールやワインを楽しむようになった。
楽しむか、やけ酒か、どちらかというと、屈託のある日は呑みたくなる。
今日はピール。キリンのグランドなんとやら。
最近は商品も多彩で、撰ぶ楽しみもある。
ピールを呑んで、風呂に入って、本を数ページめくったら、白河夜船を漕いでいる。

そろそろ年末年始に読む本を考えたいと思う。
短編随筆はちょっと食傷気味なので、そろそろ大作長編にしたい。
作家畢生の大作を一週間かけて読む。
読み終わったときに、思わず駆け回ったり、叫びだしそうなのがいい。
正月の読書として私の最高だといえるのは、島崎藤村の『夜明け前』だ。
日本の近代化とはなんであったか、自らの父をモデルにしたまさに畢生の大作だ。

さて、良い本はありますか?



[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-21 19:46 | Comments(0)

うるおい

今日から車中の読書は、井伏鱒二の『人と人影』講談社文芸文庫。
これは古書なのでわずか300円だが、新本なら900円。
文芸文庫は高いのが玉に瑕だが、その分巻末の「人と作品」や年譜が充実しているので
それ自身を読む楽しみもあって、まあこんなとこかなと思わせる。
一粒で二度おいしい、そんな満足感があるのだ。

井伏鱒二には、小説だけでなく、随筆に味わい深いものが多い。
明るいわけでもなく、暗いのでもない。そんな感じがつーっと続く。
人生はこういうものではないかと確かに思わせる。
随筆ばかり読んでいると、やはり読む力が落ちてくるけれど
たまには、緊張をといて文章に身を任せていくのも楽しい。

夕刻、知らないうちに一雨あったようだが、
仕事場を出るころにはそれも止み、
ほどよい湿気が、暖房で乾いた皮膚に心地よかった。


[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-20 19:50 | Comments(0)

すこぶる好天

すこぶる級の好天だった。
ここ数日の陽気の下で走りたかったなあ。
年内そんな日があるかしら。

午前中ロケ。読者モデルさんを使って(笑)。
午後シナリオ作成。
風邪もようやく終息。
帰宅後メキシコビールを下の子と一緒に飲む。
コロナビール。
ちょっとアルコール度数が低くて、飲みやすい。
しかし、ビールだと思わず、あくまで清涼飲料水として飲むこと。
だな。これは。

[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-19 20:35 | Comments(0)

なんとかなる

風邪がまだ完治しないので、外にいくこともままならず
朝から夕方までレジュメづくりに集中。
さすがに、のどにモノが詰まるような疲れを覚えて、本日の業務は終了。

夕食後、手元に置いてあった 
大岡昇平『文学の運命』講談社文芸文庫を読み始める。
久しぶりの日本文学。いやいや勘が狂う。

食事がおいしく感じられるので、ようやくほっと一息。
明日はクルマで出勤予定。

*今日からですます調を改めて、である調に変更します。

[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-18 20:50 | Comments(0)

やっぱりダウン

さすがに疲れが出たのか、週明けからの風邪が長引いています。
仕事がたまっているので出勤しますが、
3時頃には熱が出てふらふら状態。
この土日は少し身体を休めましょう。

と、いいつつ、主夫として買い物、庭掃除などで気分転換。
ほおってあった小菊の株を刈り込んでいくと
花の盛んなときにはあまり感じなかった強烈な菊の香りにくらくらしました。

その後、動きすぎがたたって、午後からダウン。
ほんとにくらくらしてきました。
やはり、養生専一のようです。

*ツワブキの緑も濃くなった気がします。
f0373024_12224818.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-17 06:08 | Comments(0)

ありがとう

足かけ14年ばかり続けた仕事が終わりを告げました。
もう少しなにか感慨があるかなと思いましたが、意外にそんなこともなく、時雨てきた夜道を駅に向かいました。
何年費やしたところで、終わったことは、もう終わったことということです。
あとは受け止めてくださる方次第。私たちもそうしてきました。
お世話になった方、仕事の仲間、ありがとう。お疲れ様でした。
それから、終始励ましてくれたMさん。ありがとう。
明日からは、そうですね。また、なにかやってみましょう。

ジョージ・オーウェルの『パり・ロンドン放浪記』読了しました。
タイトルの通りパリと。イギリスの浮浪者生活の記録ですが、おもしろいのは断然パリの方。
パリの方が体験本位で、ややましな生活なのに対し
イギリスは暗く、描写も分析的なのも一因でしようか。
でもここまで読んで、うーん5年ほど前にこの本は読んだと気がつきました(笑)。
明日からは、先だってのヨーゼフ・ロートの短編『聖なる酔っ払いの伝説他四篇』(岩波文庫)の予定です。





[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-11 20:02 | Comments(0)

風の中を行く

午前中に家の用事を済ませ、昼食後大津方面へ走りました。
比良山は雪雲のなか、堅田あたりは時雨れて虹が出ていました。
湖面も白波が立っていて、さすがに釣り船の姿もみえません。
寒いですが、しばらく走ると身体は温かくなってきますし
逆に頭はすっきりするので、私は冬のサイクリングが好きですね。

昨日の帰り道からちょっと元気になりました。
昨夜からワインをまた飲み始めました。5年ぷり。

*和田の浜にて、比良山は雪雲で見えません、明日は雪化粧でしょうか。
f0373024_15560545.jpg













*ナルシストなので・・・・自画像。
 でも今年は人様から落第点をつけられました(トホホ)
f0373024_15563173.jpg













*いかにも初冬の空でしょう
f0373024_15564230.jpg













*長等山の麓のパン屋さん Dry River 干川さんかな? 時々来ます。
アンチョビとか挽肉の入ったパンとか、大人のパン屋さん。おすすめです。
f0373024_15584312.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-10 15:59 | Comments(0)

窓の光

今日はしごとで日中あちこちと出かけました。
時折冬空がのぞきましたが、クルマのなかでは暑いくらいになりました。
本格的な寒さは来週の後半くらいからでしょう。

『ラデツキー行進曲』読了しました。
とても、おもしろかったですねえ。
亡命先のフランスでの執筆ですが、時代考証がしっかりしているので
長編ながらぜんぜんダレない。
とても映像的な作品だと感じていましたが
解説をみるとオーストリアのテレビ映画にもなっているようです。
日本語字幕版があればぜひ見てみたいですね。

日曜日のイベントの準備をすませ、定時の電車に乗りました。
外はもう真っ暗です。
最近減りましたが、車窓からすごいイルミネーションがちらっと見えるのですがあれは・・・。

帰りの車中では新たにジョージ・オーウェルの『パリ・ロンドン放浪記』(岩波文庫)に入りました。
これもすこぶるおもしろいですねぇ。

乗換駅で降りて、またまた本屋さんへ。モームの短編集を二冊買いました。
レジでもらった岩波の『図書』の巻頭に、
京舞の井上八千代と歌舞伎の片岡仁左衛門の対談が載っていました。
お二人の語り、お顔、京都弁の柔らかさ、奥行き、いいですね。


私は昔から仁左衛門が好きで、一昨年は大阪の歌舞伎座へ見に行きました。
三階の天井桟敷のような高さからは、仁左衛門の顔もはっきりしませんが
さすがに貫禄が違いますね。すばらしかったです。
狂言は森鷗外原作の「じいさんばあさん」で、これは原作も大好きです。
夫婦の情愛、人生の蹉跌・・・・。舞台のすばらしさ。
お芝居が進むにつれて、涙が止まらなくなりました。










[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-09 20:24 | Comments(0)

やりすごす

『ラデツキー行進曲』下巻。今日1日で半分近く進みました。
もちろん仕事はしてますよ。

行き帰りだけで3時間近く使っているので
そこそこ読めるし、じっさいこの作品は読ませます。
オーストリア=ハンガリー帝国の皇帝・国王の継承者
フランツ・フェルディナント夫妻が
いよいよサラエボで暗殺される所まで来ました。

この事件は学校の教科書にも出てきて、
第一次大戦の引き金になったと教えられるわけですが
『ラデツキー行進曲』を読んで初めて、
その意味することの奥行きがわかったような気がします。
事件が事件として1行で語られるのではなく、
波動となって人々を浮き足立たせていくシーン。
これが文学の力だと思わせますね。おもしろいです。

明日には読み終えられるかもしれませんね。



[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-08 20:14 | Comments(0)

掬い取ること

ゆっくり読んできたヨーゼフ・ロート作『ラデツキー行進曲』。
ようやく上を読了しました。いい本ですね。
上巻の巻末にはロート自身による前書きが収録されています。
ちょっと長いので、その最後の部分だけ引用します。

 消え去り、吹き消されて行くものから記憶に値するものを、
 そして同時に人間的—特徴的なものをしっかり記録に留める
 ことこそが、作家たる者の義務なのです。作家は、盲目的かつ
 軽率に見える歴史が見捨てる個人的な諸々の運命を一つ一つ
 拾い上げるという、崇高にして謙虚な使命を担っているのです。

明日からは下巻に取りかかります。
それにしてもこの本のタイトルはよく考えられていますね。

*西日を受けて輝くメタセコイア。よいお天気でした。
f0373024_20401184.jpg


[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-07 20:12 | Comments(0)

サボテンの花

昨日とはうってかわり冬型の気圧配置が強まり、
帰り道見上げるとまるで雪起こしのような空でした。
人々の季節感はずいぶんと失われてきましたが、
季節そのものはひずみをみせながらも確実に巡ってきます。

冬の歌というと、わたしはこれ 「サボテンの花」(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=lUDqMQ-uGUM

フォークからニューミュージックに移ったわたしの世代の歌です。
実際、外れの曲も多いけど、ドンピシャはまるとぐっとくる。
チューリップはアルバムもたくさんもっていますが、結局は財津さんの歌です。

youtubeを見ていたら、拓郎もだれもかれももうご老人の域。

https://www.youtube.com/watch?v=wXkpmQMiSwo

これも、パワーをもらいますね。

おやおやナツメロモードにはいったついでに
レッドツェッペリンの天国への階段と
イーグルスのホテルカリフォルニアもはずせませんねえ(泣き笑)。
https://www.youtube.com/watch?v=FEp3ltEjLss
https://www.youtube.com/watch?v=8UAlD8SI-6U

ではおやすみなさい。






[PR]
# by seta_shijimi | 2016-12-06 20:31 | Comments(0)