桜はまだかいな

空模様が気になりましたが、雨雲レーダーをのぞくと
三時ごろまではなんとか持ちそうなので、思い切って入洛しました。
いつもどおり鴨川の土手道を漕ぎ上がります。
ジョギングを楽しむ人、パフォーマンスの大学生、エイサーの少女たち
みんなが思い思いに日曜の朝を楽しんでいます。
いいなあ、いいなあ。と言葉がついて出ます。
こういう風景が好きですね。
この自由さが田舎にはない町のよさでしょうか。

御園橋まで上がり上賀茂神社脇の神馬堂に行きましたが
思いのほかの行列。第四日曜日は同社の馬場で「手作り市」が立って
いつもこんな状態と店のおかみが謝っています。
まあ、仕方がないので、踵を返し、今度は賀茂川の西側をドンドン下ります。
寺町の果てから出町へ出て、いつものように阿闍梨餅を買って。丸太町へ、
自転車屋さんを冷やかし丸太町橋で小休憩。
お昼は、京大病院脇のカレー屋さん。
百万遍にあがり東に向かって、善行堂で古書二冊。
一冊は建築家宮脇檀の『旅は俗悪がいい』(文春文庫・1988)。
こういう旅モノがすきですね。でもこの人は早死にだなあ。

それから岡崎に下って京都を離れ、山科から逢坂山にかかるころ
ようやくぽつりぽつりとやってきました。
革サドルにコンビニ袋をかぶせたら、あとは一目散で帰宅。
夕方は千秋楽を楽しく観戦して、充実した一日をしまいました。
桜は来週ですね。

✳︎頼山陽の旧居、山紫水明処です
f0373024_19171865.jpg


















✳︎しだれ柳が吹いてきました
f0373024_21243626.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-03-26 21:27 | Comments(0)