春宵一刻値千金

仕事場を遅く出たら、川端にぼんぼりが揺らめき、満開の夜桜を照らしていました。
見物の人影もなく、提灯が風に揺れているだけ。
なにやら化かされているような気分。
新美南吉の描く知多半島の夜もこんな感じでしょうか。何度か訪れた半田の田舎。なつかしいなあ。
振り返ると東の空に満月が昇り始めていました。

f0373024_22283351.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-04-12 22:28 | Comments(0)