小春日和

昨日とは打って変わって、おだやかな秋晴れ。
但し、ずっと斜光線でやはり十一月も半ばを過ぎたという感じです。
午後久しぶりに近所のブックオフをのぞきましたが獲物ははなく
しかたなく、以前入手して置いた木村荘八『東京の風俗』冨山房百科文庫 1978 を読み始めます。
表紙画は瀬川康男。なかなか幅広く活躍した人のようです。

それにしてもこの「百科文庫」というのは不思議な文庫ですね。

佐藤春夫の『退屈文庫』や薄田泣菫の『完本茶話』は揃えてありますが、現在は品切れが多いようです。
冨山房は絵本ではセンダックのシリーズで知られていますが
どうもこっちのほうはシリーズとしてはもう終了しているのかな?

f0373024_17343385.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-11-17 14:57 | Comments(0)