息災です

おだやかに晴れました。こうして冬になっていくんでしょう。
一喜一憂せずにということかなと思います。
昼までに二つ離れた街の市役所まで自転車に乗って健康診断に出掛けました。
片道一時間あまりです。こうやって走っていられる内はまあ健康ということでしょう。
探っていけばなにか完全でないところがあるはずですが、それはもういたしかたありません。
それから、里山に分け入って晩秋の陽光を楽しみました。

読書は木村荘八の『東京の風俗』をほぼ読了。
もとは「東京遠近」として連載されたエッセイが核になっています。
たしかに「東京の風俗」というより「遠近」がぴったりくる内容です。
そのことを筆者自身が序で断っていますが、その部分がなかなかよろしいです。

午後は引続き原稿書きの予定です。

f0373024_11471381.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-11-21 11:48 | Comments(0)