石の長者

冷えてきました。
家の中に入るととくにしんしんと冷えてきます。
京都の底冷えといいますが、滋賀もなかなか、とくに比良比叡から吹き下ろす
風がなかなかもって身体にこたえます。

午前中家の用事と自転車の点検。
午後はひさしぶりに中山道の逍遥。
守山の本像寺という日蓮宗のお寺へいきました。
なかなか財力ありげでよく整備されております。
石碑や銅像も含めてモノの配置なども行き届いている感じです。

目的は、「石の長者」と呼ばれた木内石亭(1725-1808)の墓碑をみること。
江戸時代の「博物学」を云々するときにはかならず出て来る人物ですネ。

*「石亭處士之墓」小ぶりですが立派。保存状態もよいです
f0373024_17064367.jpg





















*門前は中山道です
f0373024_17072572.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-11-24 17:07 | Comments(0)