冬至後一日

午前中昨日の打ち合わせの反映とデータ送信。その後図書館へ行き、帰りに墓参り。
線香の煙がまっすくにあがっていきました。
おだやかに晴れた冬日です。

本は日本随筆大成2冊目に入り、まず司馬江漢の「春波楼筆記」。
まさに痛快! という内容です。

*センダンの実
f0373024_11213098.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-12-23 11:23 | Comments(0)