暇人の暇趣味

日照時間が長くなってきたのが実感できるようになりました。
先週と比べると、空の色も違うようです。
そんな陽気に誘われるように、昨日、今日と自転車に跨がって
半日ずつ旧栗太郡の北辺の村々を廻りました。

基本は明治の市町村制下の「村」をひとかたまりとして見ていきます。
古ーい話ですが、この単位は中世に遡るところが多く、地域の歴史を見ていく上で重要になります。
そこで中心になるのが、いくつかの村が関わる郷鎮守社や、村の氏神社です。

インターネット上には各地の神社を紹介されているサイトが結構有ります。
丹念に探訪されているので参考になりますが、
現在の社号や祭神などからさまざまな考証がされているものが多いですね。
でも明治維新を境とした神社の変化を無視して語るのは、正直あまり意味がありません。

それはともかく、自転車で巡回すると、地理感が頭と身体に刻まれるので印象が濃くなります。
出掛ける前にだいたいの地図を頭に入れておいて
あとは近辺までいって「大きな木や森のあるところ」を見つければよいのです。
なのでスマホもグーグルマップもいりません。

*仲良し
f0373024_17520097.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2018-02-20 17:52 | Comments(0)