おや、寒い。

好天となりましたが上着をはおらないとちょっと冷える一日でした。
四月が暑いくらいでしたから、ちょっと戸惑いますね。
しかし田植えころはこういう冷たい風が吹くものです。

午前中は、老母を車に乗せて近くの公園へ行き歩行の稽古でした。
時折陽が雲に隠れて冷えてくるので、しばらくしてドライブに切り替え
若葉青葉を眺めているだけでも気分が晴れるようですが
車の乗り降りなど、これも実地のリハビリかと思い、ノンビリとつきあいます。
退院時はつえなしで百メートルくらいは歩けましたが
一ヶ月半後の今はつえを突きながら、ごくゆっくり、二、三十メートルというとろでしようか。
病院では張り切るのか、もう少し歩くようです。私が手を曳いてよぼよぼ、とほとぼ。です。

帰宅後、お昼を早めにとって、私は電車とバスで京都へ。
バスの中はちょっと蒸す感じでしたが大通りに降りてみると、
爽やかな風が吹いていて、心地よいですね。
習い事をしている塾の近くにある大学でコーヒーを飲みながら、おさらいをしておきます。
辞書をなんども引かなくてはなりませんが、
少しずつ手擦れていくのが、勉強が進んでいるように錯覚(笑)できて楽しみです。
この歳になって習い事を始めるのは「日暮れて道なお遠し」の感がありますが
違う分野であってもつんできた経験は全くは無駄になるわけではないと感じます。
これは、ありがたいことです。

京都もやはり気温は低めで、五時を回って習い事から帰るころにはちょっと寒さを覚えるほどになりました。
それにしても日が長くなりました。

*正面に吉田山をのぞむ
f0373024_21035716.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2018-05-10 21:01 | Comments(0)