爽やかな一日

例によって「空気が入れ替わった」らしく、まことにもって清々しい一日でした。
午前中はやや身体の調子がよくなった老母を乗せて湖畔のドライブ。

午後は恒例のお風呂入れをすませてから、自転車に跨がり山手に向かってスタコラ、サーッサ!。
父の眠る霊園の四阿でウグイスのさえずりをBGMにして論語を読んでおりました。
私はべつに論語を人生修養、とか処世の書として読んでいるわけではありません。
二千数百年以前の言葉が、いわゆるふつうの翻訳ではなく
「訓読」というお作法を通して、謡うように読める(読めていくらしい、たぶん……)のが
とっても不思議で面白いですな。

*いい季節ですねー。
f0373024_17154496.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2018-05-20 17:16 | Comments(0)