<   2017年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

浜辺にて

午前中老母を乗せて近くをドライブ。久しぶりの「日本晴れ」てす。
少しは気分転換になるようですな。

福澤諭吉『文明論之概略』今日中には読了の予定。
熱く、しかしドライに文明を論じ、日本と日本人を論じる。一種の爽快感に包まれます。
近代以降今日まで、その画期のなかで、なんどか「読まれるべき」時期をもってきて、
たぶん今もそうなんでしょう。そういう意味でも「啓蒙」される著作。
全訳ですので読みやすいですが、いずれ原文でと思います。

夕刻二時間ばかり逍遥。今日は伊吹から湖北の山まで見渡せました。
秋の斜光線が湖水とても青く見せています。
f0373024_16464847.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-31 11:41 | Comments(0)

不安テレビと不安ラジオ

90歳近い老母と暮らしています。
年相応の反応で、いろいろ苦慮することが少なくありません。認知症も出ています。

高齢化とともにテレビやラジオも、高齢者に様々な社会生活上の注意を喚起する内容が増え
いわく「安心ラジオ」とか「安心テレビ」などと標榜しています。実際事故も多いのでしょう。
しかし高齢者とともに暮らしていると、これがかえって「不安ラジオ」「不安テレビ」になっていないか心配になることがあります。
つまり弱っている高齢者自身が視聴者となっている場合です。

高齢者は旧いことはよく覚えています。しかし新しい情報を現実とつないで判断行動できるかというとかなり難しいことがあります。
たとえば電気ストーブの置かれた環境状態が相当酷くて発火した事例をセンセーショナルに紹介されると
電気ストーブ自体が火事の原因になると思って、点けずに寒いといって震えているといった工合です。

同居や介護に当たっている関係者への注意喚起としては好いのですが
自分の身体の不自由や病気による苦痛、将来への不安から、そうでなくても不安定な精神状態に置かれている高齢者は
すべて悪い方へ悪い方へ判断しがちです。
これは高齢者とくに判断認知が危なくなっている老親と同居している方には肯かれることと思います。

「安心ラジオ」とか「安心テレビ」の主旨は悪くはありませんが、
これが「不安ラジオ」「不安テレビ」になっていないか、
専門家に監修してもらい受け止め手の高齢者の反応を熟慮した番組であってほしいと思いますネ。



[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-30 19:47 | Comments(0)

湖畔の村をめぐる

夜半に台風の吹き戻しのような突風が吹いて眼を覚ましました。
夜が明けると空気が入れ替わって、いよいよ晩秋の気配。
所用をすませた後、自転車にまたがり、いわゆる「浜街道」を北へ。
昔ながらの二車線かつかつの道。遠慮していると、田圃に転落するような危ない旧道です。
こういうときは堂々と走らないと……。
このあたり昔は琵琶湖マラソンのルートで、テレビを見ていると、
アベベ選手の走る脇にお墓が映ったりしてローカル感満載でした。

草津市の西部、琵琶湖に近い湖畔の村々を走りますと、
まず目に付くのが、村の中のお堂。どれも平安の古仏を伝えます。
そして立派なお宮、真宗でも仏光寺派のお寺でしょうか。
湖水の向こうの比良をみると、全山紅葉の気配です。
でもこれからは「高島しぐれ」の日々。弁当忘れても傘忘れるなというやつです。
台風の置き土産で、今日も湖西線は不通になっているようです。
3シーズンはいいんだけど、冬がね……
なんていっていると、滋賀の田舎暮らしはできません。

*石段脇の石はどうやら石棺の材のようです。
f0373024_13402031.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-30 13:51 | Comments(0)

レトロ

今日立ち寄ったモンベルのアウトレットコーナーに
懐かしいロゴのペンケースを見つけました。
創業40周年記念の復刻ロゴということですが、
曲線や色使いがいかにも70年代を思わせるもので、思わず買ってしまいました。
ゴールドのコーデュラナイロンもいいです。

このロゴのついたデイパックもなつかしい。
いやデイパックといえば「ウォークアバウト」かな、はじめてかついだのは。
ピッケルホルダーがなににつかうものかわらななかったんです。
その後ピッケルをもつようになって、あんなものは飾りだと気づきました。
どれも青春時代のアイテムでしたね。

f0373024_17500826.jpg

[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-28 17:50 | Comments(0)

ビギナーズ

家に居るようになって心配なのは運動不足。
もちろん毎日一時間以上自転車に乗ってますが、それはそれ、
基本となる歩くことがおろそかではマズイ。
今朝は隣町の図書館まで半時間余り散歩を兼ねて歩きました。
小さな図書室のようなところなのと、やや落ち着かないレイアウトなのが残念ですが
ついでにモンベルとか本屋さんものぞけて、それはそれで楽しいです。

先日来の坂口安吾は毎晩読んでいますが、機関銃のように撃ちまくられる感じですね。
これはまだまだ続きますが、今日買った本は福澤諭吉『文明論之概略』(角川ソフィア文庫)。
若い時岩波で読んだ覚えがありますが、とても太刀打ちできませんでした。
稀代の先覚が歴史と文明をどう把握していたのか?
幕末維新期を「生き抜いて」、有為な人材がテロや戦争で次々と失われていくのを間近でみた人物ですから
そういう意味で読んで見ると、「文明化」はほんとうに切実なものだったんだと感じますね。
今回は全訳ですので、ちょっと敷居が下がりますかね。さて?

*写真の中身はともかくこれはアスペクト比率が4:3 昨日まではほとんど3:2
普段使いのカメラには3:2しかありませんが、タテにするとちょっと長すぎます。

f0373024_14340155.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-28 14:36 | Comments(0)

ちょいのりライダー

自転車が好きなひとにもいろいろあって、スピードを出したい人、遠くへ行きたい人、
山坂を登りたい人、はては磨いて床の間に飾りたい人、などいろいろですが
ワタクシはどうもちょろちょろ乗りが好きで、あっちの町、こっちの村と飽きずに乗っています。

「犬も歩けば棒に当たる」の譬の通りに、たとへ数時間であってもひとのりすれば、
やはり一度はふふーん、なるほどと思わされる事が見つかります。楽しいですね。
今日も湖南の里を三時間ばかり走りました。
おだやかな日差しを浴びて、ほこほこしながらー走り。

*柿の葉もいよいよ落ちてきました。向こうに比叡のお山がのぞきます。
f0373024_15294774.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-27 15:30 | Comments(0)

メリーゴーランド

朝から京都へ、久しぶりの好天で、人の歩みもなんだかゆっくり。
買物は49mmのレンズキャップ一つ。進々堂のカルネ一つ。

帰宅したら旧友から消息をうかがう手紙。
「晴耕雨読」ならず「晴れても降っても読書」と返事。

今日の本は坂口安吾『風と光と二十の私と』講談社文芸文庫
面白いですね。環状線に乗ってメリーゴーランドのようにしてづっと読んでいたい気分です。

*京都駅前も変わったような、変わらないような。晩秋の光線です。f0373024_19550740.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-26 17:42 | Comments(0)

これも秋

ようやく晴れ間がのぞいてきました。
午前中は図書館へ。次なる本はちょっと実務的に
杉村邦彦編『中国書法史を学ぶ人のために』(2002)世界思想社
酒井忠康『ある日の画家 それぞれの時』(2015)未知谷
午後ちょっと逍遥。

*ふみつぶされた栴檀の実
f0373024_16154240.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-25 16:16 | Comments(0)

帰り道

*下鴨にて
f0373024_18155373.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-24 18:16 | Comments(0)

掃苔記

今日からよい日和が続くとのことでしたが・・・・。
ちょっと遅めに出発。入洛は九時頃になりました。
葵橋東詰から鴨川の土手下の地道をを走ります。
水上の正面には「船形」。
人影もなく瀬音とタイヤの廻る音しか聞こえません。
遠いむかしの河原もかくやと思わせる静けさです。

いつものように御園橋で上がって神馬堂のやきもちを求めたあと今日は西賀茂へ。
まず神光寺におまいり、ここは蓮月さん隠棲の地です。
老母は子供の頃ここにともだちとよくニッキの根っこを取りに来たそうです。
茶所のところに尼さんがすんでいて、みつからないように行ったとか。

そのあとさらに道を西にとって小谷墓地へ
ここも台風で古木や雑木の枝が倒れ込んで被害が出ています。
参道をうめる杉の枝をまたぎながら蓮月尼の墓前へ。
どうやら台風後はじめての参詣者だったようです…。
とりあえず落ちた枝を片付け、墓石に貼り付いた落葉をなでてぬぐいます。
思わぬ掃苔となりました。

墓参のあとは、下鴨あたりでお茶にしましたが、
やはり晩秋です。陽が陰ると肌寒くそのうえ空模様も心配になってきたので
今日はのんびりせず、昼過ぎ早めの帰宅となりました。

*北大路橋にて、この頃は晴れていたんですが…
f0373024_13324424.jpg
[PR]
by seta_shijimi | 2017-10-24 13:34 | Comments(0)