大寒

暦の上では大寒のようですが、日中は日差しもそこそこあって有りがたい一日でした。
午前中は自転車に乗って片道半時間程度離れた里へ郷土学習に行きました。

土曜日とあってロードレーサーに跨がったお兄さんたちが颯爽と走ってますね。
こっちは毛糸の帽子にヤッケをかぶり、ショルダーバッグをタスキに掛け
ズボンの裾を輪ゴムで留めた野暮な外観ですが、
速く走るのが目的ではなく、楽に目的地まで走るための道具なので
これはまあスタイルの違いというべきでしょう。

田舎の神社は正月中に行くと、いろいろと見るべきものがあって、お得な感じがします。
今日もいろいろと勉強させて貰いました。
昼前には帰宅して昼食の後病院へ。今日は平穏でした。

*ある神社にて 近世前中期の石燈籠がほとんど玉垣内にあるのが困ります
 でも、こういう時は安価なコンデジの30×ズームが役立ちます。
f0373024_17102523.jpg















*郷土学習のお道具(鞄・コンベ・磁石・野帳・ボールペン・コンデジ・年表)
f0373024_17514616.jpg



[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-20 17:09 | Comments(0)

京都に遊ぶ

今日は家事から全く解放されて京都へ出ました。
出町柳から叡電に乗り一乗寺で下車、目指したのは与謝蕪村の墓がある金福寺です。

紅葉の時期でないからでしょうか、庭園拝観は自由で、芭蕉庵など時間を掛けて楽しむことが出来ました。
その後詩仙堂も行きましたが、金福寺のたたずまいが私にはとても好ましく感じました。
刈り込まれたお茶の木がいかにも禅寺らしい。背後の山もよろしい。
一乗寺村の雰囲気があたりに残っているのも面白い。
芭蕉を慕った蕪村の墓石はやや立派すぎる気がしないでもありませんが、
その「洛東芭蕉庵再興記」を読むと、これがなかなかいいんです。
庵の横に掲示してあるのですが、思わずその全文を声に出して読んでみました。

そのあと出町に戻り下鴨のグリルで昼食。葵橋を渡り、出町枡形商店街を冷やかし、
さらに鴨川の岸辺を下って、神宮丸太町から帰宅。
ほんとうに贅沢な一日でした。

*金福寺芭蕉庵にて
f0373024_17344904.jpg





















*加茂川のシラサギ
f0373024_17352734.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-19 17:36 | Comments(0)

小春日和

三月を思わせる風が吹きました。
朝から自転車に乗って膳所の古本屋さんへ。只今文庫本2割引き。
品物はそう動いていないけれど、ちょっと躊躇していたのをまとめて購入。

幸田文『番茶菓子』講談社文芸文庫
坂口安吾『肝臓先生』角川文庫クラシックス
木下順二『本郷』講談社文芸文庫
高階秀爾『ルネサンスの光と闇』中公文庫
吉田健一『甘酸っぱい味』ちくま学芸文庫
尾崎喜八『山の絵本』岩波文庫
高階秀爾『芸術のパトロンたち』岩波新書
矢代幸雄『水墨画』岩波新書
伊谷準一郎『ゴリラとピグミーの森』岩波新書
全部まとめて1000円一寸でした。まあ、お買い得ということになるでしょう。

そのあと膳所竜ヶ丘の俳人墓地へお参りし、引続いて
「郷土調べ」、昼食、病院、再び「郷土調べ」で今日の行動は終了です。

*近江大橋のうえから膳所の漁師が網を入れている風景をパチリ
 たぶん最後の膳所漁師になるのかな?
f0373024_17184010.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-18 17:19 | Comments(0)

ちょっと一服

朝からしっかり降っています。
午前中はちょっとクルマで町へ足を伸ばし生協のお店へ。
店内のパン屋さんであんバターフランスを買い、レストコーナーで珈琲をとって一服。
やってくるお客さんのようすなどを観察していました。
こういうのが実はいちばんくつろぎます。
昨日の日記をつけてから、店内を物色。
昔の生協のイメージではないおしゃれな店舗です。
帰り道古書のオオミ堂が安売りをしているのを発見。明日自転車でやってこようっと。

午後隣町の自然園をのぞいたあと病院へ。
さらに長年使ってきたMacBook air のバッテリがとうとう駄目になったので互換品に交換しました。
「仕事」ではどうしても「一太郎」を使わなくてはならない場面があるのでウインドウズPCですが
プライベート(寝床)では マッキントッシュLC630以来のだらだらとしたMacユーザーです。
でも最近のアップルの製品はユーザーを引き回す臭いが強すぎて……。
ノーブランドPCとかのほうがかえって気楽ですね。
ちなみに現在の主力機はゲートウェイのどんがらの大きなマシンです。

*ロウバイの花が雨に濡れて甘いしずくが落ちそうでした
f0373024_17024861.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-17 11:40 | Comments(2)

寒さほどける

午前中久しぶりに散髪。ようやくすっきりしました。
ひきつづき郷土調べへ。昼過ぎに温かくなってきました。
それまでに十分体は冷えてしまいました。
午後は自転車に乗って病院へ。

小村雪岱『日本橋檜物町』を読了。
泉鏡花との深い関係がわかりますが、
基本都会的な、洗練された奇麗な画風で
鏡花の一面である怪異の世界とは関係が無いのかな。
もつと勉強してみましょう。

つづいて高階秀爾『フィレンツェ』中公新書ぐいぐい読了。
この世界は慣れないとしかたがないようです。
どんどん読んでいきます。

*中公文庫版表紙
f0373024_17423831.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-16 17:43 | Comments(0)

ほどらいこで

午前中「郷土研究」へ。天気回復と聞いていたので勇んででかけましたが
神社境内はどこも非常に寒かったですね。欲張りすぎるととあとがたいへん。
コツコツとデータの蓄積にいそしみます。

午後は病院へ、今日は少し滞留が予想されたので、カバンに本を入れて行って正解でした。
今日のお供は小村雪岱『日本橋檜物町』(中公文庫)。
江戸情緒とモダンの織りなす世界ですね。

*冬晴れです
f0373024_17005022.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-15 17:02 | Comments(0)

寒行です

昨夜は冷え込みがちょっと緩んだ感じでした。
ぐっすり寝て起きてみると外は銀世界でした。
そんな朝から雪道を自転車で近所の小学校へ、
今日はカローリング大会ということで地元自治会から参加です。

「カローリング」とはカーリングとフローリングの合成語かな? と思ったら

カローリングの名は「軽やかにローリング(回転する)」として命名された。(Wiki)

要するに氷の上でやるカーリングを床の上でやろうというニュースポーツです。
カーリングと異なるのは、投擲するブツの底に玉がついていること
そして滑走路を箒で掃いたりはしないことです
馴れてくると戦略も考えていくことができます。
楽しかったですが、冷気が籠められた体育館でまさに寒行となりました。

高階秀爾『続名画を見る眼』さくさくと読了。

*比叡のお山も(画像なぶってます)
f0373024_16472190.jpg














*梅の枝にも雪の装い
f0373024_12334396.jpg














*これがカローリングです
f0373024_12334836.jpg



[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-14 12:34 | Comments(0)

ドンドや左義長

今日も厳しい冷え込みでしたが、九時過ぎからご近所廻りを始めました。
ある神社では今日がドンドのようで境内に大きな穴を掘り、
区内から集められた正月飾りが焚きあげられる様子でした。

社頭の大鳥居に年末から吊ってあった蛇縄(いわゆる勧請縄ですな)が
これが早くも今日お焚き上げのようす。勧請縄は年中吊っておくのが通例なんですがネ。
ちょうど下ろすところに立ち会うことが出来ました。
高校生のころこの縄をなう時に写真を撮りに来たことがあります。
郷土研究部(二人だけ)の活動でした。

午後はさらに冷えました。病院を二往復して着替えの準備など。
寒いとおなかもすきますなぁ。
長らく積ん読だった高階秀爾『名画を見る眼』読了。
引続続編へ、文章のお勉強のようです。

*よくある注連縄ではありませんよ
f0373024_16560004.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-13 16:56 | Comments(0)

寒波を実感

今年は正月からいろいろと起こる年のようです。
昨日からの冷え込みでトイレの水道管が凍結し、
タンクに給水できない状態になりました。

古いウォシュレットなので、タンクの水量もバケツ一杯と多く
いやはやと言う感じでしたが昼前ようやく復旧。
今後の用心のためにホームセンターへ行って
気休めかも知れませんが、水栓廻りの温め器具を買ってきてセットしました。
ナイショですが、その間の御用は近所のパチンコ屋さんの豪華トイレットにて……。

今の建物になって30年あまり、どんな寒い年も凍結したことはありませんでした。
管はむき出しではなく壁内に納まっているのにこのような事態になったのは
昨年に北側の森が開かれて宅地になり、それがまた建っていない状態で
北風がまともに壁に当たっていたのが原因だろうと思います。

北国での列車閉じ込めのなど今回の寒波の厳しさを感じたとんだ「騒動」に。

さて、今日の良いことは……、バーゲンで帽子(キャスケット)を買いましたヨ

*午後見舞のあとに久しぶりにお茶をいただきました。温かい部屋でホッとしました。
f0373024_16470140.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-12 16:47 | Comments(0)

凍える日

今朝方は氷点下に落ち、各所に氷が張りました。
朝から仕事始め。といっても数年来温めていた「郷土研究」のこと、
いたって素朴な調べものです。
小学校四年の時に面白いなぁと思いついて、
いままた元にもどるのです。

私の住んでいる大津市を含め湖南、旧栗太郡内101ヶ村の金石文を調べます。
カバンにカメラと野帳とペンを放り込んで、まずは地元の氏神様から開始。
欲張らずにそれだけ持ち帰り、エクセルに打ち込んで、写真もリンクさせていきます。
時代の下限は敗戦、一応昭和20年末まで、ということにしました。
先行研究とか論文なんかとは無関係です、
これは私にとっては「晴耕雨読」に近いですな。

その後墓参り。新年明けてからは初めて。案の定花は吹き飛び、
花立ての水は凍っておりました。
午後は見舞に。
息子である私だけで行くと、それなりにいいたいことをいう
ききずらいこともあるけれど、
それだけ反応があるということで、これは仕方がないが
まぁ有りがたいことと「思うこと」にしています(笑)。

*雑木林も凍えていますよ
f0373024_13324859.jpg
[PR]
# by seta_shijimi | 2018-01-11 13:33 | Comments(0)